郵便料金の値上げはいつから?払い戻しや換金はしてもらえる?

郵便料金 値上げ ライフスタイル
この記事の要点はこれ

郵便はがき・手紙の値上げ時期と金額

切手やはがきの交換について

スポンサーリンク

郵便はがき・手紙の値上げ時期と金額

消費税が8%から10%に上がるのに伴い、郵便はがきおよび手紙が値上がりします。

今回の郵便料金の値上げは手紙が5年半ぶり、はがきが2年4カ月ぶりとなっており、2019年10月から値上がり予定となっています。

ちなみに前回は、はがきが52円→62円に、手紙が80円→82円に値上がりしました。

郵便料金の値上げ時期

2019年10月から

郵便料金の値上げ金額

はがきを62円→63円に、手紙の郵便料金を82円→84円に値上げ

 

切手やはがきは交換してもらえる?

郵便料金 値上げ

郵便料金の値上げに伴いはがきと手紙の値段が上がるため、はがき・切手の払い戻しや交換をしてもらいたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし郵便局では返金・払い戻しの対応を行っておらず、交換のみの対応となっています。

また交換の際は手数料がかかります


 切手類等の交換手数料 

郵便切手・通常はがき 1枚につき 5
往復はがき・郵便書簡 1枚につき 10
特定封筒(レターパック) 1枚につき 41
10円未満の郵便切手や郵便はがき 合計額の半額

(参考:日本郵便

 

切手やはがきの値上がりへは1円切手で対応

郵便料金 値上げ

(参考:郵便局

もちろん切手やはがきは払い戻ししてもらうこともできますが、手数料がかかってしまいます。

そこで不足分は1円切手を貼って対応するのがおすすめです。

今回ははがきが62円→63円に、手紙の郵便料金が82円→84円に値上げとなるので、1円切手あるいは2円切手を貼って投函しましょう。

 

ちなみに切手には3円切手や5円切手、205円切手など様々な種類があります。

 

値上がり前の切手やはがきはいつまで使えるの?

今回の郵便料金の値上げは2019年10月からとなっているので、郵便物はできるだけ9月中に投函しておくと余分に切手を購入せずに済みます。

ちなみに、値上がり後に追加の切手を貼る際は、以下のように貼りましょう。

郵便料金 値上げ

実際に日本郵便のホームページで確認してみると、上記のような貼り方が推奨されています。

Q.はがきや封筒のどの位置に切手をはるとよいですか?
A.郵便切手は郵便物の表面の左上部(横に長いものは、右上部)に貼っていただくようお願いいたします。

(参考:郵便局

タイトルとURLをコピーしました