京阪バスでICOCAは使える!お得なポイントサービスの使い方!

京阪バス ICOCA 節約
この記事の要点はこれ

京阪バスで利用できるICカード

京阪バスの割引・ポイントサービスについて

京阪バスで利用できる定期券の作り方

スポンサーリンク

京阪バスでICOCAが使えます!

京阪バスは京都府を中心に大阪府や滋賀県まで幅広く運行しているバスです。

京阪バスでは交通系ICカードであるICOCAを使うことができます。

 

またICOCAに加えてSuicaやPitapaなど様々なICカードを利用することが可能です。

京阪バス ICOCA

(参考:京阪バス

バス車内で使える バス車内でチャージできる
ICOCA
PiTaPa
Suica
PASMO
Kitaca
manaka
TOICA
はやかけん
nimoca
SUGOCA

 

京阪バスでのICOCAの使い方

ここでは京阪バスに乗ったときのICOCAの使い方について解説しています。

乗車時

京阪バス ICOCA

京阪バスに乗る際にICOCAなどの交通系ICカードを使う時は、入り口にある読み取り機にタッチします。整理券を取る必要はありません

 

降車時

京阪バス ICOCA

降車時は降り口の読み取り機にタッチします。ICカードは真上からまっすぐ1秒以上タッチ。

 

京阪バスを利用するならPiTaPaかICOCAがお得!ポイントサービスも!

京阪バス ICOCA

京阪バスはICOCAやPiTaPa以外にもSuica、PASMOといった交通系ICカードを利用できますが、京阪バスを利用するならICOCAやPiTaPaが圧倒的にお得です。

詳しくは下記を参考にしてください。

 PiTaPaとICOCAの特徴(京阪バスを利用する場合)

PiTaPa ICOCA
支払方法 後払い
1か月の利用代金を集計し、指定の口座から後払いで支払い
チャージ(入金)
利用には事前のチャージ(入金)が必要
利用エリア 全エリアで利用可能
※高速バス、関西空港リムジンバス、定期観光バスは除く
入手方法 入会申込書を郵送し、手続きが必要。またPiTaPaベーシックカードはホームページからオンラインでの入会も可能 京阪電車など駅の窓口や一部の券売機、JR西日本のICOCAエリア駅で発売
割引
  • 利用額割引(登録不要)
  • 登録型割引(登録必要)
10%ポイント還元(登録必要)
ポイント期限 月初から月末まで 最終利用日から1年間

(参考:京阪バス

PiTaPaを利用するメリット

京阪バスでPiTaPaを利用する場合は以下の2つの割引が適用されます。

  • 利用額割引
  • 登録型割引

利用額割引

まず利用額割引について。

京阪バス ICOCA

(参考:京阪バス

利用額割引とは

1か月間(毎月1日~末日)の利用金額を合計して割引されます。つまり京阪バスを利用すればするほど割引率が大きくなりお得になります。

詳しい割引額についてはこちらを参考にしてください。

 

登録型割引

次に登録型割引について。

京阪バス ICOCA

(参考:京阪バス

登録型割引とは

事前に登録することにより、登録された地区内の乗降であれば1か月の利用代金が上限額を超えない割引サービスです。登録型割引には事前の登録が必要。

詳しい割引額についてはこちらを参考にしてください。

 

ICOCAを利用するメリット

京阪バスでICOCAを利用する場合はポイントサービスが適用されます。

京阪バス ICOCA

(参考:京阪バス

ポイントサービスとは

運賃の10%をポイントとして付与するサービスで、回数券感覚でご利用いただけるサービスです。

詳しい割引額についてはこちらを参考にしてください。

 

ICOCAに京阪バスの定期券は搭載できる?

京阪バス ICOCA

関西圏で広く使われているICOCAですが、残念ながら定期券の搭載はできません。

しかしPiTaPaの場合は1か月の利用金額によっては大幅に安くなることもあります。

以下のページではPiTaPa・パスカード・定期券のいずれがお得か自分でシミュレーションすることができます。

京阪バスのシミュレーション

タイトルとURLをコピーしました