阪急バスはSuicaやPASMOを使えるの?阪急バスの乗り方は?

阪急バスsuica icoca 電子マネー
スポンサーリンク

阪急バスはSuica・ICOCA・PiTaPa・PASMO(パスモ)が使える

芦屋市民の足となっている阪急バス。

 

普段は電車を使うけれど、たまにバスに乗った時に「あれ、小銭がない!」と焦ったことはありませんか?

そんな時に便利なのが全国交通系ICカード!

 

これまで阪急バスではPiTaPaとICOCAしか利用できませんでしたが、以下の全国交通系ICカードを使うことができるようになりました。

ICOCA 西日本旅客鉄道㈱
Kitaca 北海道旅客鉄道㈱
PASMO ㈱パスモ
Suica 東日本旅客鉄道㈱
manaca ㈱名古屋交通開発機構及び㈱エムアイシー
TOICA 東海旅客鉄道㈱
はやかけん 福岡市交通局
nimoca ㈱ニモカ
SUGOCA 九州旅客鉄道㈱

 

兵庫・大阪を中心とした近畿圏ではICOCAが圧倒的に浸透しています。

そのため東京など他の地域から旅行に来た方は「普段使っているICカードが使えない!」と困っていました。

 

しかし相互乗り入れ対応が進み、関東で広く普及している「Suica」や「PASMO(パスモ)」も使えるようになりました。

 

hanica(ハニカ)も使うことができる

阪急バス ハニカ

あまり聞き慣れない名前のhanica(ハニカ)

hanica(ハニカ)とは:阪神バス・阪急バス・阪急田園バスで使用できるICカード乗車券で、事前にチャージして定期券としても使うことができる

 

しかし、他の全国交通系ICカードは鉄道などでも利用できますが、hanica(ハニカ)は阪神バス・阪急バス・阪急田園バスでしか利用できません

 

阪急バス内でチャージできるのはhanica(ハニカ)だけ

阪急バスではICOCAやSuica以外にも全国交通系ICカードを使えるようになりましたが、阪急バスの車内でチャージできるのはhanica(ハニカ)のみです。

 

そのため他のICカードを利用している場合は、事前に鉄道駅の券売機等でチャージしておく必要があります。

 

特に関西ではICOCAが広く浸透しているため、「ICOCAが残高不足になっても車内でチャージできるだろう・・・」と思いがちですが、ICOCAはバス車内でチャージできません

 

またバス車内のチャージではおつりが出ないので、「手持ちの現金があと少ししかない!」という方は注意しましょう。

 

阪急バスの乗り方

路線バスの乗り方は地方によって全く異なります。

例えば東京は「前乗り・先払い・後降り」が多いですが、関西では「後乗り・後払い・前降り」が標準となっています。

 

ここでは阪急バスの乗り方について解説します。

バスに乗る

阪急バス乗り方

行先表示を確認して、後方乗車口より乗車します。

整理券を取る・ICカードをタッチする

阪急バス乗り方

阪急バス乗り方

現金の場合:整理発券機のランプが点滅している時は、整理券を取ります

ICカードの場合:乗車口のICカード読み取り部にタッチする

※阪急バスは降車時に料金を支払うポストペイです

降車前

阪急バス乗り方

バス停名表示機に降りるバス停名が表示されるので、バス停名がアナウンスされたら降車ボタンを押します。

運賃の確認

阪急バス乗り方

 

区間別運賃表と、整理券番号を確認します。

整理券が無い場合は「無券」の運賃のみ点灯しています。

運賃の支払い

・ICカードの場合

阪急バス乗り方

ICカードの場合は降車口のICカード読み取り部にタッチします。

 

・現金の場合

阪急バス乗り方

前方の運賃箱にお金と整理券を入れます。車内での両替は、硬貨または千円札のみ対応しています。

バスから降りる

阪急バス乗り方

前方降車口より降車します。

 

阪急バスQ&A

ここでは阪急バスを利用するうえでの疑問についてまとめています。

両替はできる?

車内での両替は、硬貨または千円札のみとなっており、2千円札以上の両替はできないので注意が必要です。

 

Wi-Fiは使える?

高速バス車内でWi-Fiが使えるようになりました。詳しくはこちらを参照してください。

 

落し物をしたら、どうすれば良いの?

管轄路線の営業所まで問い合わせましょう。詳しくはこちらを参照してください。

 

こちらの記事もおすすめ


引用:阪急バス

タイトルとURLをコピーしました