バスで5,000円は両替できる?バス車内でチャージは可能?

バス5,000円チャージ ライフスタイル
この記事の要点はこれ

バスで5,000円札や10,000円札は使えるのか

バスで5,000円札や10,000円札はチャージできるのか

 

最近はICOCAやPitapa、PASMOといったICカードを利用してバスに乗車する方も増えてきています。

しかし「ICカードを持っていない場合」や「持っていたとしても残額が不足している場合」は、困ってしまいます。

 

そこでふとお財布の中を確認すると5,000円札と10,000円札が・・・

「バスの中で5,000円札と10,000円札を両替できるの?」

 

今回はこんな疑問について調べてみました。

バスで5,000円札や10,000円札は使えるの?

まず結論から言うと、バスの中で5,000円や10,000円札は両替はできません。

 

高速バスなど距離が長いバスの中には両替をできるバスもあるかもしれませんが、普段利用するバスでは5,000円や10,000円札を使うことができません。

 

つまり、バスで両替ができるのは1,000円札のみということです。

 

バスの中で5,000円や10,000円札は両替できません

 

バスの中で5,000円札や10,000円札しか持っていないときの対処法

バス5000円

もちろんバスに乗る前にICカードの残高やお財布の中の小銭を確認しておけばよいですが、ついつい油断していたということもあるかと思います。

 

バスの中で5,000円あるいは10,000円札しかもっておらず、ICOCAやPitapa、PASMOといったICカードの残高がない場合はどうすれば良いのでしょうか。

バスカードや回数券を購入する

バスによっては車内でバスカードや回数券を販売している場合があります。

運転手に尋ねてみましょう。

運転手に両替を頼む

運転手によっては両替のお札をあらかじめ準備していることもあるので、ひとまず運転手に尋ねてみるのが良いでしょう。

両替ができる方を探す

バスの運転手に相談して、乗客で両替ができる方がいないか声をかけてもらうという方法があります。

ただしバスの運転手は安全に乗客を目的地へ運ぶという責務があるため、信号待ちなど声をかけるタイミングが重要です。

 

またどうしても声をかけるタイミングが無い場合は、降車時に相談しましょう。

次のバス乗車時に支払う

今回の運賃は支払わず、次にバスに乗車したときに前回分の運賃と合わせて支払うように言われることもあります。

小銭を持っている分だけ支払う

なかには5,000円や10,000円札といった高額紙幣だけを持ってバスにタダ乗りしようという悪意がある方もいます。

それを見越してかどうか分かりませんが、「とりあえず小銭を持っている分だけ入れておいて!」と言われるケースも。

「誤払精算券」「運賃過剰収受証明書」「預かり証」を発行してもらう

地域やバス会社によって呼び方は異なりますが、手元にある紙幣を運転手に渡して「運賃を過剰に支払った」という証明書を発行してもらいます。

営業所に払いに行く

運転手に相談すると、「最寄りの営業所に支払いに来てください」と言われることもあります。

その場合は近くの営業所に行って、バスで運賃が足りなかった旨を説明して支払いをします。

近隣のお店で両替する

これはほとんど無いケースですが、バスの運転手によっては「じゃあ、近くのお店で両替してきて!」と言われるかもしれません。

 

バスの中で5,000円や10,000円札しか持っていない時は、まず運転手に相談しましょう。マニュアルがあるわけではないので、その時の運転手によって対応が異なります。

 

5,000円札や10,000円札はチャージできるの?

バス5,000円チャージ

5,000円や10,000円札を使ってチャージできるバスもありますが、ほとんどのバスではできません

※ただしnimocaは可能なケースもあります。詳しくはこちらから。

 

そのため、ICカードを利用してバスに乗車する場合は、あらかじめ残額を確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました